素人に書かせるブログ小説

SSや小説を載せていきます。時々、完成したデジ絵ものっけていきたいです。コメントよろしくっ!

異世界ならここを曲がってすぐですよ。2話

間に合った…。

今日はこれから二学期の始業式が始まる。

ミチルと俺は違うクラス。

一学年ごとにABCDEFの6クラスに別れている。

ちなみにおれはCクラスでミチルはBだ。

「おはよう。」

圭治が元気良くクラスに朝の挨拶をするとほとんど全員から返ってくる。

逆に俺は…ポロポロっと圭治のおまけ程度にしか返ってこない。

しかし、俺は虐められているわけではない。

別に、ぼっちでもない。

特別仲いい人がいないというだけである。

その点、圭治は上手い。クラス内は勿論。

他クラスにおいても知り合いは多いらしい。

 

◇ ◇ ◇

 

今は朝のホームルームの時間。

先生が、長々と始業式について説明している時間を使って少しこの学校について話をしよう。

まず、この学校の名前は『私立第3高等学校』。

なんともシンプルな名前である。

俺自身最初に聞いたときは、「どんだけ、名前つけるの面倒だったんだよ(笑)」

なんて思っていたが詳しく調べた所でなんとなく納得した。

何故3なのか、それは、年に一度行われる

運動会に関係している。

私立第3高等学校の年に一度の運動会は私立第1、2、3、4の4校が一緒に催される。

そこでの総合得点で、第何になるかが決まる。

要するに、今年の運動会の結果次第では第1にも第2にも第4にもなるということ。

つまり、この数字は学校のレベルを表しているのだ。

しかし、運動会での種目。

ただの運動だけではない。頭の運動。いわば、頭脳戦もある。

そこら辺も、他校にないこの学校独自の特色であるといえよう。

 

そして、次はさらに深く掘り下げていこう。

 

 この高校、上で説明したように他の高校と比べると少しかわっている。しかも、なかなか刺激的である。

この学校で楽しい楽しい学校生活をおくりたいのなら、常に頭をまわし、思考しなければならない。(学校のホームページにかいてあった。)

兎に角俺は、すごい楽しみである。

俺がここまで詳しく学校についてつらつら述べている。が、まるで俺は一学期の間、この学校の特色に一切触れていないように聞こえるのではないだろうか。

それは、決して間違ってなどいない。

この学校は変わっている。故に、中学からあがってきたばかりの者には慣れるまで少し時間を要する。

なので、本格的な授業が始まるのは二学期からというわけであり、こうして皆が浮かれ気分になるのも致し方ないことなのである。

 

二年生に進級すれば、完全な全寮制となり、外部からの繋がりは一切断たれてしまう。

それは、少し寂しいところもなくはないが、やっぱり…一人暮らし気分を味わいたいな!

あ、でもゴキブリでたらどうしよ…

マジ勘弁。

 

 

「…春一君。梅花 春一君。聞いてますか?

移動開始ですよ。」

おっと。危ない。悪い意味で目立ってしまった。

 

とりあえず、今日は母さんにマッサージでもしてみるか…

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーー

ーー……

 

ここは、現代世界と異世界が共存する世界。

 

 そして、この学園もまた、同様である。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

大変お待たせしました。

最近なにかと忙しくてあまり記事をあげられていませんでした。

 

なんとか、時間をみつけて書いていきたいと思います。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

異世界ならここを曲がってすぐですよ。1話

皆さんお早うございます。

まだ、まともに主人公の紹介すらしてないですよね。

俺は、春一。苗字は、梅花(うめはな)。

で、我がキモウトであらせられる…「お兄、いつまで根に持ってんの?いい加減うざい。」

 

うるさいな。

…妹のミチルです。

「お兄、ちょっとそこの醤油とって。」

「…はいよ。」

俺は、妹に対して不機嫌を露わにして醤油を渡す。

イライラする…くそっ!俺のどこがキモいねん。

ホント、マジはったおしたろか!

いや、しないけど…

 

「そう言えばハル、ミチルもお前ら時間大丈夫か?始業式はじまるぞ?」

俺の父だ。

俺の父親は専業主父である。対して母親は海外でお仕事。なかなか、帰ってこないので基本、父親と話すことが多くなる。

前回、俺とミチルが義理だといったような気がする。

それを詳しく説明すると、父親の連れ子が俺。母親の連れ子がミチルなのだが、母親はなかなか帰ってこないのレベルじゃない。

年に一回帰ってくるかどうかの世界。

よって俺は五年も家族やってるのに母親とは、少し壁がある。

母親の方は結構親しく接しようとしてくれるのだが、俺の方がどうにも…慣れない。

 

まあ、どうせしばらくは帰ってこな…

「あ、そうだ。言い忘れてたけど今日、母さん帰ってくるから。」

くるのぉ!?

びっくりした。唐突というか、俺の思考とタイミングがドンピシャすぎてびっくりした。

「やった!じゃあ、私今日早く帰ってくる!」

俺がしばらく呆然としていると。

「どうした?ハル。具合悪いのか?」

「お兄はあれだよ。いまだにお母さんに慣れていないから緊張してるんだよ。」

「…そうなのか?」

「ご馳走様でした。」

なんか返事が面倒なので無視。

…マジかよ~今日帰ってくんのかよ~。

やだなぁ、今日学校に泊まってこうかな~。

母さんは美人なのだろう。流石に歳が歳なのでなんとも言えないが…

だがその分、なんか独特な雰囲気がある。

簡単にいうと変なのだ。

ミチルが変なのは、遺伝的な問題なのだろう。

そのせいもあって、母親とは話しずらい。

 

「はあ…学校いくか…。」

階段を上がり、自分の部屋で制服に着替える。バックをもってさあ、行こう。

 

「行ってきまーす!」

「おう、行ってらっしゃい。ハル!」

「私もそろそろ出よーと。」

「行ってらっしゃい。」

俺は外に出る…が、「お早う!春一!」

「げ!圭治…」

「げっ!ってなんだよ。おい!」

「そのままだ。げっ!(最悪)ってことだ。」

「だから何だよ。その嫌みったらしさ百点満点な丸かっこは!」

「うざいからもうさっさと学校いこーぜ。」

「あれ、お兄まだ出てなかったの?

げっ!朝からなんだよ気持ち悪りぃな。

⭕ねよ圭治。」

「………(兄弟揃ってなんか変だよな。)

「お兄、先行ってるから。」

言い忘れてたが、俺とミチルは同い年です。

学校では、お互いが兄弟だってことは圭治以外しりません。

別に俺は隠したいわけではないが、妹が嫌だっていうから…

そうして俺は、眠い目をこすって電車に揺られながら圭治の話をラジオのように聞き流す。

キーンコーンカーンコーン。とありふれたチャイムが聞こえてくる。

「あ、予鈴なっとるやん。いそごうぜ春一」

「ああ、そだな。」

 

 

 

 

 

 

今期アニメについて

今期アニメ!

結構面白そうな顔ぶれですね。

まぁ、僕は基本アニメはためてみる派なので皆さんとは逆にさっさとおわんねーかなー。

なんて思ってます。

なんかアニメってためてからみないと一週間まてないんですよね。しらない内に飽きてるとか、みるのが面倒になったりとか…

共感できない人が多いとは思いますがね。

 

ところで、今期アニメで僕が最も期待しているのは、『ようこそ実力至上主義の教室へ

でしたっけ?

多分そんな名前です。

これは、アニメをみる前にコミカライズ版で読ませていただいてまして、とても面白いです。

アニメはまだまだ序盤かもしれませんが、なんかこう、主人公が困難を影でこっそり乗り越えていく感じがまた、興奮します。

キャラクターも十分魅力的です。

僕は、アニメをみる前に原作を確認しておきたくて今、ライトノベルを読んでおります。

 

最近は周りも「(最近の)アニメや漫画はファンタジーばっかりだな…」なんていってます。

まあ、確かにここまでしつこいとマンネリですよね。

ここらで、いっちょマンネリ解消出来るようなのが欲しいですね…

ファンタジー好きなかたもいらっしゃると思いますが、基本皆同じような展開ですよね…

(こんなこと言って怒られないかな…)

このすばとかは結構ギャグ要素が濃いので見てて飽きません。

でも、極端な例ですが『異世界行って無双してみた!』っていうのは…ですよね。なろうにも溢れかえるほどあります。無双系…

ここまでくると、主人公最強系よりも最弱系のほうがみたくなるレベルです。

 

まあ、今回の記事で何がいいたかったのかといいますと『アニメ業界頑張って下さい!』

て感じです。

 

駄文失礼しました。

 

これからしばらく時間があるので、じっくりと記事をあげていきたいとおもいます。

どうぞよろしくお願いします。

オリジナル ブログ小説

ハル…もし父さんがお前の結婚相手はミチルって言ったら…?」

 

「チェンジ」

「頼むよ…そんなこといわないであげて…」

「父さん…」

「なんだ?」

「無理」

見るからに父さんは焦り出す。

「ミチルはその…なんていうか…そう!みてくれはずば抜けていいと思うんだ!」

「そうだな、それは同感だけど…そのかわりに脳みそをどっかにおいてきちゃったんかね…きっと今頃母さんの羊水に浸かってるよ。」

「ハル…お前はいつからそんなに嫌みったらしくなったんだ?」

「遺伝だろ」

「やかましい。」

「で、衝撃的過ぎる父さんの頼みはそれで終わり?」

「まあ、言いたかったのはそれだけだが…結婚はしてもらいます。

一応義理だし大丈夫だろ?」

「いや、そんな簡単に…だいたい、義理とはいえもうすでに五年は一緒に暮らしてんだけど。

てかもう、義理とかいうくだらないラブコメ設定はいらない。」

「そしたら、誰がミチルの面倒をみるのさ?」

「は?」

「いや、だからさ、ミチルの将来のお婿さんだよ。

それは、一体誰?」

「いや、知らんけど…てかこの時期から娘のそんな心配してる馬鹿親初めて見たよ…」

「でも心配なものは心配なわけじゃん?」

「いや『じゃん?』とか言われてもなんも共感できんから…」

「もうそんなのいいからさぁ~

頼むよ~お前は頭いいから将来安定してそうだし…それだからお前に俺の娘を任せられるんだ!」

「もう、なんて返したらいいかすら分かんない…」

「それは勿論『是非!ミチルと結婚させて下さい!』だろ?」

「おい、ジジイ、てめぇいい加減に…「お兄、私腹減った。」

「あれ、ミチルお前いつからいたの?」

「ん?さっき下に降りてきたばかりだけど。」

さっきまでお前の話をしてたんだよミチル…

ていうか、こっちは話してんだから無遠慮に割り込んでくんなよ…

 

と俺は心の中で不満を垂れ流しながら、「冷凍庫に冷凍チャーハンあるよ」と一言。

 

「オッケイ!」と元気よく鼻歌まじりに返してくる。

「父さんは今、春一と大事なお話があるんだ。ミチルはもう少しだけ上にいてくれるか?」

「オッケイ!」

コイツ、話聞いてんのかよ。

ああ~なんかコイツと話してっとイライラする…

そんな兄の不満をよそに、「お兄、チャーハンってどんくらいあたためんだっけ?」

とチャーハンの心配をする妹。

 

(ちょっと試しに聞いてみようかな…)

 

「四分くらいで様子みてみて。」

 

《なあ、父さん!

この件について決着をつけるんならミチル本人に聞くのが早いんじゃないか?》

 

《う~む、しかしなぁ~》

(ブツブツ言ってんじゃねぇーよ気持ち悪い…)

「なに、父さんブツブツ言っちゃって!キモーイ」

 

(ぅぐ!!!なんで全く同じことを妹が…!!)

 

ケラケラ笑う妹。

その横で本気で傷ついた顔をするわが父。

 

俺は少し覚悟を決める。

「なあ、ミチル…」

「なに?」

「お前の将来のお婿さんは兄ちゃんでもいいか?」

しばしの沈黙が訪れる。

「お兄、冗談下手すぎ。

てか、面白くないよ。」

「いや、冗談とかじゃなくて。」

「は?プロポーズ?」

「いや、まぁ、そんな感じ。

で、どう?」

「どうっていわれても…

キモイとしか言えないわ。とりあえず、聞かなかったことにしといてあげる。」

 

そんな兄のプロポーズに対し、辛辣なことばを浴びせる妹。

なんとも言えない空気の中、場違いで空気の読めない電子レンジは『チーン』と間抜けな音を鳴らす。

 

「あ、チャーハン」

 

俺はその晩布団の中で妹を散々呪った。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回はSSとかではなく完全オリジナルです。

 

どうだったでしょうか?

なんだか突然、ラブコメが書きたくなりました。(笑)

まだまだ続けていくつもりなのでよろしくお願いします。

 

ギルティクラウンのほうも頑張ります!

 

 

 

ギルティクラウン SS アフター 六話

「うあああああああ!!」

僕は雄叫びをあげながら、エンドレイヴを破壊していく。

 

おかげで周囲にはものすごい衝撃で爆音が鳴り響く。

 

今僕達は、ダートの基地にあるエンドレイヴを片っ端から壊していくというなんとも大胆な作戦にでている。幸い、今いる所は住宅街からは結構離れているため爆音が聞かれるようなことはないだろう。

とは、いっても僕達が敵に包囲されるのも時間の問題なのでさっさと退散したい所だ。

 

「涯!流石にこれ以上は!」

 

「分かった。俺もすぐに行くから、先に行ってろ!」

 

「了解!」

僕は、いのりにボイドを返してからダッシュで脱出口に向かう。

 

そこには、涯の仲間である城戸研二がトラックの運転席で待機していた。

 

すぐに涯が乗り込んでくる。

「研二!出せ!」

 

「はいよ。ちょっととばすよ、涯。」

 

「ああ、頼む。」

 

 

僕と涯達が数年後の再会をしてから数日が過ぎていた。

今は仲間が少ない分、今回のようにちまちまと作戦を遂行していくしかない。

今の『新・葬儀社』のメンバーは

僕と涯にいのり、そして城戸研二の4人しかいない。

 

「…エンドレイヴがほしいな。」

 

「そなの?なんで?」

城戸が涯に問い掛ける。

「意外と使い勝手がいいんだよあれは。

これから、さらにどでかい作戦をたてるとなるとあれは必須だ。」

 

「ふーん…まぁそうだね。」

 

わざわざ聞いたくせにあまり興味が無さそうだ。

 

「そうすると涯、いまは仲間が欲しいってことだよね。」

今度は僕が聞く。

「ああ、そうなるな。だが、今回はなるべく少数精鋭でいきたいと思ってる。」

「なぜ?」

「わざわざ世間様に俺らの存在を知らしめる必要がないからだ。寧ろ、こそこそやってる方が色々やりやすい。」

「なるほど。で、手はあるの?」

「ないな。」

え…。

「なら、どうやって仲間を集めるの?」

「一応まだ時間はあるから考えておく。」

「分かった。こっちでも考えておくよ。」

「助かる。」

 

「それはそうとさ、涯。

綾瀬やツグミ達に涯が生きてたってこと伝えてあげたいんだけど。

今週末空いてる?もちろんいのりも。」

 

「まぁ、そうだな。分かった。俺は行こう。

だが、ダートのことはあの二人には言わない約束だ。」

 

「分かった。で、いのりはどうする?

できればきてほしいんだけど。」

 

「私も行く。」

 

「決まりだね。あの二人を誘ってから詳しい話はまた連絡するよ。

じゃ、また。」

 

そう言って僕は涯達の車から降りて帰路につく。

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

続き遅くなってすみません。

諸事情でしばらくupできませんでした。

今後は基本毎日なにかしらの記事はあげていく気なのでよろしくお願いします。

 

漫画 オススメランキング

皆ーーー!!

 

漫画よんでますかー!?

 

本もいいですが、漫画もなかなか教養が深まりますよ~!

 

というか、語彙力の成長スピードが半端じゃないです。

 

もう、はっきりいってオタクだオタクだと馬鹿にはできませんね~。

 

今回、ランキング形式で初めて物を紹介するのでヘタッピなのは許してほしいです。

 

ではいきます!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

第10位

 

僕のヒーローアカデミア

 

すみません。いきなりの大道で・・・

しかし、この漫画!パッと見、主人公冴えねぇーなーなんて思う方、多いと思います。

というか、僕は思ってました。(笑)

でも何故か、この漫画を読み始めると主人公が格好良くて仕方なく思えてくるんです。

非常に不思議です。

 

さぁ次!どんどんいきましょう!!

 

第9位

 

トラブル ダークネス

 

ハーレム漫画の代表格ですよ。

しかし、Hな表現が多々あるため少し一線おいてしまう人も多いでしょう。が!それは、いけませんよ!勿体ないです。

この漫画のヒロイン、可愛過ぎです。

僕の友達に何人かアニメや漫画をオタクだー!なんて毛嫌いしている人がいたんです。

一発でハマらしてやりましたよ。試しに読んでみろって。

そうなんです。皆さん!物は試しです。

 

 

第8位

 

ワンダーラビットガール

 

この漫画は周りにあまり読んでいる人が少ないんですよね。もしかしたら、そこまで有名じゃないんでしょう。

 

なんと!この漫画も少しHな表現があります。しかも、主人公は重度のドルオタ。

しかし、そんな出来損ないの弟とは違い、兄は超優秀。ルックスは同じはずなのにこの歴然の差。

そんな弟がだんだんと公正していく話です。

 

兎に角、絵が綺麗で主人公もそれを取り巻くヒロイン達も格好良いし可愛いいです。

 

 

第7位

 

ノラガミ

 

こちらはかなり知っている人が多いいのではないでしょうか。

しかし、アニメは観たけど漫画は…

という人が多すぎる!!

 

この漫画の主人公、夜卜は神様です。

そして、この漫画の中の神様は神器(普通はじんきと読むが、ノラガミではしんきと読む。)という特別な武器を用いて戦います。

まぁ、いってしまえば、ゴリゴリのアクション系です。

しかし、アクションシーンは燃えます。

非常に燃えます。

夜卜が格好良過ぎるので、是非見てください。

 

 

第6位

 

 

恋と嘘

 

この漫画は今、ちょうどきてますね。

今年の夏アニメだったと思います。

この物語の世界では結婚相手は政府によって決められてしまいます。

一見酷いようには見えますが…

 

この物語にはキャラごとに細かい心理描写が描かれています。

少しあま~い感じですが面白いですよ。

 

 

第5位

 

 

東京喰種

 

この漫画はかなり有名です。

アニメ化もされていますし、今年の夏には実写化もします。

思いっきりダークファンタジーで少しグロテスクですが、主人公が格好良いです。

数ある主人公の中でも相当上位のレベルですね。

 

第4位

 

 

ニセコイ

 

この漫画はついこないだ?完結しました。

まぁ、有名ですね。(笑)

 

この物語は相当王道なラブコメディです。

なので、ちょっとくさいな…なんて思うことはざらにありますがなんか引き込まれてしまうんですよね。

 

絵のタッチもキレイでヒロイン達が可愛いです。

 

 

第3位

 

 

斉木楠雄のΨ難

 

 

こちらの漫画はジャンプで連載されています。

 

ギャグ漫画ですね。ご存知の方も多いと思います。

 

この漫画は読んでしまうも必ず吹き出してしまうのでご注意を!

思いっきり笑いたい方はお一人で。

 

 

第2位

 

 

進撃の巨人

 

 

こちらは人生で一度は、読んでおきたいですね。

これ読んでると作者が天才にしか見えなくなります。

 

立体機動装置、欲しい。

誰かつくって!または、買って!

 

 

 

かぐや様は告らせたい

 

この漫画は前回の記事で紹介しております。

詳しいことはそちらで。

 

まあ、簡単にいうと学園ラブコメディです。

 

個人的にはこの作者のギャグセンスが僕のツボにあっていて、とても好きです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

以上で紹介を終わります。

 

 

ここで紹介した漫画は、勿論人にもよりますがとても面白いのばかりです。

 

興味があれば是非とも読んでみて下さい。

 

 

それと、もしよろしければコメントくれると嬉しいです。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

かぐや様は告らせたい

今、個人的に最もきている漫画は、

かぐや様は告らせたいという漫画なんですね。

 

この漫画は今ヤングジャンプで連載中です。

単行本は五巻まで刊行されています。

 

この漫画は、エリートで超がつくほどのお金持ち高校に通う主人公はそんなにお金持ちではないものの勉学一本で生徒会長の座までのし上がる。

 

また、ヒロインの四宮かぐやは超がつくほどのお金持ちで生徒会副会長。また基本、何かやらせれば大体何でもできるというハイスペック。

 

この2人がお互いに惹かれあっているのだが、プライドが高いせいで相手から告らせようと策略を練るのだが・・・

 

という感じで生徒会内で起こるラブコメディー。

 

他にも魅力的でユニークなキャラが沢山います。

 

なんといっても、この漫画の面白い所が

ギャグセンスが高い所にあります。

これは、読まないと分かりませんが、凄いです。レベル高いですよ。

 

そもそもこの漫画との出会いはヤングジャンプでした。

 

僕の好きな漫画、東京喰種ヤングジャンプに連載されているので定期的に購入していた所で出会いました。

 

最初は興味が、なかったのでスルーしていたのですが、なんだかもったいなあな・・・

という貧乏性のおかげで読むことになったのです。

 

まだ、単行本は五巻までしか出ていないので

一気に買いやすいのではないでしょうか。

 

少しでも、興味があれば読んでみて下さい。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が役にたった。

おもしろかったなどあれば、コメントや☆

待ってます!!